INTRODUCTION

「もう一度、君に会いたい!」心から愛してくれた君に、僕の“声”が届きますように・・・。

どん底だった僕の心を癒してくれたのは、
ワンと鳴けない1匹の犬でした。
ふたりで過ごした、優しくて、最高に愛おしい時間。

『のぼうの城』『ゼロの焦点』などで日本アカデミー賞監督賞を受賞、日本を代表する映画監督・犬童一心と、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』などで同賞脚本賞を受賞、『キセキーあの日のソビトー』などの脚本も手掛けた斉藤ひろしがタッグを組み、至福の感動作を生み出した。
主人公の民夫を演じるのは、『あなたの番です 劇場版』『そして、バトンは渡された』など多くの大ヒット作で幅広い表現力で存在感を放つ田中圭。そして、民夫に寄り添うのは、ハウ。そのチャーミングでありながら、どんな時も人を信じ切るイノセントな演技は、必ずや観る者の心を揺さぶるだろう。

ハウと民夫からはじまる
“他人を思いやる優しさ”に包まれた、
心温まる絆の物語。

CLOSE